みずほ銀行カードローン│審査落ちの原因を攻略!審査基準が甘いの噂は本当?

みずほ銀行カードローンの審査基準|審査の流れと時間、審査落ちの理由を解説

みずほ銀行カードローンの審査は決して甘くなく、口コミなどでも「みずほ銀行カードローンの審査は厳しい」という内容が多くあります。

これから、みずほ銀行カードローンの審査を受けようと考えている方には、厳しい審査を受ける重圧や不安でいっぱいになると思います。

ですが、審査に通るための条件や審査落ちしない様に対策をすることで、みずほ銀行カードローンの審査に通ることはできます。

このページでは、みずほ銀行カードローンの審査に不安を抱えている人に向けて

  • みずほ銀行カードローンの審査基準と流れ、審査時間
  • 審査に落ちする原因、審査落ち後でも借りやすいローンの紹介
  • 審査に関するよくある質問への回答

といった内容をまとめて紹介しています。

みずほ銀行カードローンは低金利で条件もよく、大手銀行の商品なので安心感もあって、利用したいと考える人が多い商品です。好条件のみずほ銀行カードローンの審査に通るためにも、ぜひ一読ください!

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

審査甘い?みずほ銀行カードローン審査基準

審査甘い?みずほ銀行カードローン審査基準

まず、みずほ銀行カードローンの審査は甘いのか?厳しいのか?気になりますよね。

低金利なだけあって、銀行カードローンの審査は厳しいという印象を持ってる人は多いです。

みずほ銀行カードローンの審査については、通るために最低でも利用条件を満たしている必要がありますが、ほかの銀行と比べて特別厳しいというわけではありません。

カードローン審査では、申込者の属性信用情報を総合的に判断されるので、審査に通るかはここで判断されます。

ここからは、みずほ銀行カードローンの審査で押さえておきたいポイントを説明していきますので、一緒に確認していきましょう!

みずほ銀行カードローン借り入れには口座が必須

まずみずほ銀行カードローン利用には、普通預金口座の開設が必須です。

口座を持っていれば審査は早く、スムーズに融資が受けられます。さらに住宅ローンを利用していれば、適用金利が0.5%引き下げられます

もし口座を持っていない場合は、みずほ銀行の口座を開設しないと借り入れできません。

できればカードローンの契約までに、口座開設は済ませておきましょう!

みずほ銀行カードローンの利用条件

次に、みずほ銀行カードローンの利用条件を見ていきます。

利用条件
満20歳以上満66歳未満の方
安定かつ継続した収入の見込める方
保証会社の保証を受けられる方
年齢制限内であれば、雇用形態は問わず安定した収入があるなら、下記のような場合でも申し込むことができます。

  • パートをしている主婦(主夫)
  • アルバイトをしている学生
  • 年金受給者
  • 永住権のある外国人

いくら収入があっても、不定期な臨時収入しかないという方は、みずほ銀行カードローンを利用することは難しいでしょう。

また収入のない専業主婦や無職の方は、利用条件を満たしていないため、みずほ銀行カードローンを利用することはできません。

収入のない方がお金を借りる方法については、下記のページを参考にしてください。

カードローン審査は保証会社の審査がメイン

そして、上述の利用条件に「保証会社の保証を受けられる方」とあります。

この理由としては、銀行から引き受ける形で保証会社がメインでカードローン審査を行なっているためです。

みずほ銀行カードローンの保証会社は、信販会社である株式会社オリエントコーポレーション(以下オリコ)となります。

商品名 みずほ銀行カードローン
申込銀行 株式会社みずほ銀行
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション

もし申込者が返済できないときは、みずほ銀行に対してオリコが代位弁済を行ないます

銀行カードローンが無担保・保証人なしでの借り入れが可能なのは、このためです。

よって、みずほ銀行の審査と保証会社であるオリコの審査の2つに通過しなければなりません。

この点を踏まえて、みずほ銀行カードローンの審査の基準や、審査に通るためのポイントを紹介していきます。

みずほ銀行カードローンの審査基準

みずほ銀行カードローンの審査ポイントを押さえたところで、実際の審査基準について説明していきます。

年収の目安は180万円

みずほ銀行カードローンの審査に通過している方の年収の目安は、他社からの借り入れがない状態で180万円になります。

年収の目安は比較的高めですが、他社からの借り入れがなく、会社員の方であればあまり心配する必要はありません。

勤続年数は1年以上

1つの会社に長く勤めていればいるほど、「この人は仕事を辞めないだろう」と判断されるため、審査に通過しやすくなります。

勤続年数が短いと審査で厳しく見られる可能性がありますので、最低ラインとして勤続年数1年以上は必要です。

また自営業の方は、勤続年数3年が審査に通過する目安となっています。

他社借入は2社以内、年収の1/3以下

みずほ銀行に限らず、銀行カードローンはすでに他社からの借入が3件以上あると審査に通ることは難しいです。

また借入金額の目安は、年収の3分の1以下であることが1つの目安になります。

もっとくわしくカードローン審査について知りたい方は、「カードローンの審査が不安でも大丈夫!審査内容と通りやすくするためのコツを徹底解説」も参考にしてみてください。


ここまでを見てみて、みずほ銀行カードローンの審査は厳しくありませんが、けっして甘いわけではないことがわかります。

またカードローン審査では、貸し倒れのリスクを回避するために信用情報を重視しています。

過去にカードローンやクレジットカードを利用した際に、支払いの遅延や滞納があった場合は、審査に通りにくくなることが考えられます。

くわしくは後述する「みずほ銀行カードローン審査に落ちやすい6つの原因」でも説明しています。

もし審査に不安がある方は、審査に通りやすいと言われているカードローンも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

みずほ銀行カードローン審査の流れ

では、どのような流れでカードローン審査が行われるのか図解入りでわかりやすく解説していきます。

申し込みは口座を持っていればWEB完結!

すでにみずほ銀行の口座を持っている方は、来店・郵送不要のWEB完結で申し込みができます!

手順1
申し込み
パソコンやスマホから申し込みできます。
手順2
審査
みずほ銀行ならびに保証会社による所定の審査があります。
手順3
在籍確認
保証会社による職場への在籍確認の電話連絡が行われます。
手順4
審査結果
審査結果は入力したメールアドレス宛に回答されます。
手順5
必要書類
本人確認書類や収入証明書(利用限度額が50万円超の場合)の画像を登録します。
手順6
カードローン口座開設
みずほ銀行の口座を持っていてインターネット申し込みを行なった場合は、自動的にキャッシュカードにカードローン機能も付帯します。

そのため、カードローン開設完了のメールとともにキャッシュカードを利用して借り入れができるようになります。

口座を持っていなければ同時申込しておく!

みずほ銀行の口座を持っていない方は、カードローン申し込みと同時に口座開設も申し込んでおきましょう!

手順1
申し込み
申し込み時点で口座開設の手続きも行ないましょう。
手順2
必要書類
本人確認書類や収入証明書(利用限度額が50万円超の場合)の画像を登録します。
手順3
審査
みずほ銀行ならびに保証会社による所定の審査があります。
手順4
在籍確認
保証会社による職場への在籍確認の電話連絡が行われます。
手順5
審査結果
審査結果は入力したメールアドレス宛に回答されます。
手順5
通帳受け取り
本人以外は受け取ることができない本人限定受取郵便で送付されます。
手順5
カードローン口座開設
もし急いでいる場合は、みずほ銀行の窓口でカードローンおよび普通預金口座の開設を申し込むと早く手続きが終えられます。

窓口に行けば即日で口座の開設が行なえるため、口座を持っている方と同じように1週間ほどで融資を受けることが可能です。

審査に必要な提出書類

審査に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書の2種類です。

WEB完結申し込みの場合は、希望限度額が200万円以内であれば書類提出は一切不要となります。

本人確認書類
  • 運転免許証(*1)
  • 運転経歴証明書(*1)(*2)
  • パスポート(写真および住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書(*3)
  • 住民票(*3)
  • 特別永住者証明書(*1)(*4)
  • 在留カード
*1:変更事項がある方については両面とも用意してください。
*2:2012年3月31日以前の発行分は本人確認書類としての取り扱いはできません。
*3:発行後3か月以内のものを用意してください。
*4:外国人登録証明書は一定期間、特別永住者証明書とみなされます。
  • 本人確認書類は氏名・住所および生年月日が記載されているものに限ります。
  • 外国人の方は永住許可を受けていることが確認できる書類を提出してください。
収入証明書
源泉徴収票
住民税決定通知書または課税証明書(*1)
納税証明書(その1・その2)(*2)
  • 利用限度額が50万円超の場合に必要となります。
  • 個人事業主、会社経営者の方は(*1)または(*2)のいずれかに限ります。
納付した税額を証明する「その1」と所得金額を証明する「その2」がありますので、両方とも準備しておきましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認

みずほ銀行カードローンの在籍確認

あと審査で気がかりなのは、在籍確認の電話連絡ではないでしょうか。

みずほ銀行カードローン審査の在籍確認は、保証会社であるオリコから勤務先へ個人名で電話がかかってきます

これは「本当にその会社に在籍しているか」を確認する重要な審査事項となります。

電話に本人が出るか、不在でも在籍していることがわかればOKです。

職種によっては、個人名で電話がかかってくること自体おかしいので「どうしても勤務先に電話をかけてほしくない」という方もいるかもしれません。

そんな方には、銀行カードローンのなかで書類などにより確認を行う場合がある三井住友銀行カードローンがおすすめです!

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
10万円~800万円 年4.0%~14.5%
審査時間 来店不要・WEB完結(※) 担保・保証人
申込完了後から
最短翌営業日(※)
不要

※三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結。※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。

在籍確認の電話は申し込みから3営業日以内

在籍確認のタイミングとしては、申し込み完了から3営業日以内に電話がかかってくることが一般的です。

みずほ銀行カードローンでは土日は対応していないため、審査が行われるのは平日のみとなります。

自分が不在の場合でも対応してもらえるように日時を確認して、在籍確認の電話に備えておきましょう。

在籍確認が省略されることってあるの?

ネットの口コミでは「みずほ銀行カードローン審査で在籍確認が行われなかった」という方もいます。

在籍確認なしになるのは、どういったケースが考えられるのでしょうか。

すでにみずほ銀行の口座を持っていたからなのか「在籍確認」の電話はなかったですね~。
ぼくはみずほ銀行の住宅ローンを利用しています。やっぱり在籍確認はありませんでした。

40代男性

20代女性

わたしは教育ローンを利用していて、同じく在籍確認なしでした!
口コミを見てみると「みずほ銀行の口座を持っている」「住宅ローンや教育ローンを利用している」などの返済実績があれば、在籍確認が省略されることが多いようです。

みずほ銀行カードローンの審査時間(審査期間)

みずほ銀行カードローンの審査時間(審査期間)

また、みずほ銀行カードローンの審査時間(審査期間)はどれくらいかかるのか知っておきたいですよね。

みずほ銀行カードローンには次の4通りの申し込み方法があり、どの方法で申し込むかによって審査にかかる時間は多少違ってきます。

▼みずほ銀行の口座を持っている方の場合

申し込み方法 審査時間の目安
インターネット 最短で翌営業日
店頭窓口 最短で2営業日
電話 最短で2営業日
郵送 申込書到着から最短で2営業日

上記の審査時間は、いずれも最短です。

みずほ銀行の口座を持っている場合でも、余裕を持って2~3営業日は見ておくのが良いでしょう。

審査時間が長くかかる理由

審査に数日かかる理由としては、大きく2つの要因が考えられます。

審査に数日かかる理由
警視庁のデータベースとの照会が加わったため審査に時間がかかる
土日祝・連休明けは審査申し込みが多くなるため審査に時間がかかる
①の理由としては、2018年より警視庁のデータベースとの照会が義務付けられたため、審査回答は最短でも翌営業日以降となりました。

そして②は、土日の休み明けは申し込み渋滞が起こるため、どうしても審査に時間がかかってしまうことが理由です。

審査に時間がかかっている = 審査に落ちるとは限らないので、2~3営業日は焦らずに連絡を待つようにしてください。

審査結果の連絡が来ないときの対処法

3営業日以上経っても審査結果の連絡が来ないと、さすがに心配になってきますよね。

まずは迷惑メールフォルダも含めて、メールが届いていないか確認してみてください。

メールが届いていなかったら、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルに問い合わせてみましょう。

現在のカードローンの審査状況を確認することができます!

みずほ銀行カードローン専用ダイヤル
フリーコール
0120–324–555(携帯電話からも利用可)

音声ガイダンスに従って、以下の[番号]を押してください。

[1]カードローンのお申し込み・審査状況
受付時間:
月曜日~金曜日 9時00分~20時00分
※12月31日~1月3日、祝日・振替休日は利用できません

[2]カードローンの商品内容
受付時間:
月曜日~金曜日 9時00分~21時00分
土曜・日曜日 9時00分~17時00分
※1月1日〜1月3日、祝日・振替休日は利用できません
※12月31日の受付時間は9時00分~17時00分

審査時間を短縮するためにできること

みずほ銀行カードローンの審査に時間をかけたくなければ、時間短縮できる方法を知っておくと役立ちます。

少しでも審査時間を短くするためにも、ぜひ実践してみてください!

みずほ銀行口座は同時申込で作っておく
口座を持っていない方は「普通預金口座同時申込」がおすすめです!ただし口座開設を同時に申し込んでも融資までには2週間程度かかります。
平日の午前中までにネット申し込み
たとえば金曜日の夜に申し込んだら、審査結果が出るのは土日も含めて翌週になってしまいます。できれば平日の午前中までにネット申し込みをすることをおすすめします!
希望限度額は低めに設定する
希望限度額を高めに設定してしまうと、貸し倒れのリスクも高くなるため審査に時間がかかります。まずは低めに設定しましょう!さらに50万円以下であれば収入証明書の書類提出ナシになります。

WEBなら24時間365日受付OK!急ぐなら平日の午前中までにネット申し込み

審査には数日はかかるため、今すぐにお金を借りたいなら、即日融資できる消費者金融のカードローンを利用しましょう。

みずほ銀行カードローン審査に落ちやすい6つの原因

みずほ銀行カードローン審査に落ちやすい6つの原因

ここからは、みずほ銀行カードローン審査に落ちやすい原因を6つ紹介していきます。

審査に不利になる理由を知ることで、審査通過のために必要な対策を講じることができます。

自分に当てはまる原因はないか、事前に把握しておきましょう!

原因1:申し込み内容に嘘がある

よくあるのが「年収」「勤務先」「他社借入」で嘘をつくケースです。

申し込み内容に嘘があった場合は、審査の段階ですぐにバレます。故意に嘘をついたと判断されれば、信用情報にも記載されます。

嘘をついたという理由で、みずほ銀行カードローン審査だけでなく、ほかのカードローン審査にも通らない可能性が高くなります。

原因2:勤続年数が短いと安定した収入とはみなされない

銀行カードローンでは勤続年数を重視しており、継続して安定した収入があるかをチェックしています。

そのため転職したばかりで勤続年数が短いと審査が通りづらくなる可能性があるので、最低でも1年間は勤めておくことが望ましいです。

原因3:同時に複数申し込みで申し込みブラックになっている

短期間に複数のカードローンに申し込んだ状態のことを「申し込みブラック」と言います。

一般的には、1〜3か月間に3枚以上で申し込みブラックになることが多いです。

申し込みブラック状態は6か月間は続き、一時的に審査に通りにくい状態となってしまうので気をつけてください。

原因4:信用情報が金融事故情報(ブラックリスト)になっている

返済が滞ったり、自己破産したりすると「事故情報(異動情報)」として、信用情報機関に登録されてしまいます。

金融事故が原因でブラックリストに載ってしまうと、5〜10年間はカードローン審査通過が難しくなります。

一定期間を過ぎれば登録は削除されますので、金融事故情報が消えるまで待つのが無難です。

原因5:他社カードローン・キャッシングでの借入が多い

他社からの借入金額が年収の3分の1以上借入件数が3件以上あると、銀行カードローンは審査落ちになる確率が高いです。

きちんと返済してくれるか返済能力を判断するうえで、他社からの借入が多いのはマイナスとなります。

他社借入には、クレジットカードキャッシング枠も含まれていますので注意してください。

原因6:在籍確認が取れないと審査に通らない

在籍確認の電話連絡は「転職または退職していないか」「産休や育休で休職中ではないか」といった状態を確認するためでもあります。

よって、職場にかかってきた電話にだれも対応できない状況だと審査に落ちる場合があります。

また、会社の方針で在籍確認の電話に対応してもらえないケースにも要注意です。

もっとくわしくカードローン審査落ちの原因と解決策について知りたい方は、下記のページを参考にしてください。

みずほ銀行カードローン審査に通った人の口コミ評判

では、一体どんな人がみずほ銀行カードローンに通っているのでしょうか。

独自アンケートやネットの口コミから審査結果をいくつか紹介していきます。

自身の状況に近い方を見つけて、審査に通過するかの目安にしてみてください!

みずほ銀行カードローン成功談①

正社員Aさん

年齢 職業 勤続年数
50代女性 正社員 10年間
年収 融資希望額 借入限度額
250万円 100万円 200万円
みずほ銀行カードローン成功談②

派遣社員Bさん

年齢 職業 勤続年数
40代女性 派遣社員 14年間
年収 融資希望額 借入限度額
330万円 300万円 50万円
みずほ銀行カードローン成功談③

正社員Cさん

年齢 職業 勤続年数
40代男性 正社員 17年間
年収 融資希望額 借入限度額
380万円 100万円 100万円
みずほ銀行カードローン成功談④
正社員Dさん

年齢 職業 勤続年数
20代女性 正社員 4年間
年収 融資希望額 借入限度額
320万円 20万円 20万円
みずほ銀行カードローン成功談⑤
正社員Eさん

年齢 職業 勤続年数
30代男性 正社員 7年間
年収 融資希望額 借入限度額
300万円 50万円 50万円
みずほ銀行カードローン成功談⑥
正社員Fさん

年齢 職業 勤続年数
20代女性 正社員 3年間
年収 融資希望額 借入限度額
250万円 7万円 30万円
みずほ銀行カードローン成功談⑦
アルバイトGさん

年齢 職業 勤続年数
30代男性 アルバイト 5年間
年収 融資希望額 借入限度額
300万円 10万円 10万円

みずほ銀行カードローン審査に落ちても借りやすいカードローン

みずほ銀行カードローン審査に落ちてしまって、それでもまた別のカードローンに申し込みたいなら注意すべきことがあります。

もし申し込むカードローンの保証会社がオリコであれば、みずほ銀行カードローンと同じように審査落ちとなる可能性が高くなってしまいます。

なぜなら、みずほ銀行カードローンでの審査状況が影響されることは間違いないからです。

そのため別のカードローンに申し込むなら、オリコが保証会社になっているカードローンは避けるのが賢明です!

保証会社がオリコ以外のカードローンを選ぶべき

そこで、みずほ銀行カードローン審査に落ちても借りやすいおすすめのカードローン2社を紹介していきます。

消費者金融のアコムは、はじめての方でも利用しやすく、初回は30日間無利息期間があります。また即日融資が可能なため、急いでお金を調達したい方におすすめです!

そしてネット銀行の楽天銀行カードローンは、みずほ銀行カードローンにも引けを取らない低金利で、スマホ1つで申し込みが完了します!

みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合には、ぜひ検討してみてください!

アコム

アコム

アコム

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年1.9%~14.5% 最短翌日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
最短翌日 不要

期間を空けてからみずほ銀行カードローンに再審査

あとは少し期間を空けてから、みずほ銀行カードローンに再度申し込むという方法もあります。

みずほ銀行カードローンの審査に落ちても、原因を解消することで再審査に通る可能性は十分にありますよ。

みずほ銀行カードローン増額案内が届いても審査ってある?

みずほ銀行カードローン増額案内が届いても審査ってある?

みずほ銀行からカードローン利用中に、増額案内が通知されることがあります。

カードローンを繰り返し利用しながら、きちんと返済実績を積み重ねていくことで、信用度も積み上げられていきます。

その結果、もっと利用してほしいから「限度額を引き上げませんか?」と増額を勧められます。

たしかに限度額の枠が大きくなれば、使途目的の幅も広がって、ますます便利になりますよね。

ここでは、みずほ銀行カードローンの増額審査ポイント増額審査を申し込むメリットについて紹介していきます。

「もっと多くお金を借りたい」と増額申請を検討している方も、ぜひ参考にしてくださいね。

増額審査の手順

まず増額案内が届いたら、増額の申し込みをして審査を受ける必要があります

初回カードローン申し込み内容と本人確認書類をもとに、保証会社であるオリコが増額審査を行ないます。

また増額審査では、収入証明書を求められることもあります。

審査基準は前述のとおりで、初回審査よりも入念にチェックされると思っておきましょう。

増額審査の在籍確認

そして、増額審査でも在籍確認があるのか気になる人もいるかと思います。

原則としては、在籍確認はありません

しかしカードローンの契約後に転職している場合は、かならず新しい勤務先への在籍確認は行なわれますので頭に入れておきましょう。

増額の審査時間

みずほ銀行から増額案内が届いていれば、増額審査に通る可能性は高いです

しかし、審査手続きには本人確認書類や収入証明書類の提出が必要になり、審査時間は3営業日以上かかることもあります。

増額するメリット

金利の上限は、利息制限法によって決められています。

限度額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

限度額を100万円以上にすると、確実に上限金利は15%に下がります。

つまり増額審査に申し込むと、利用限度額が増えるほど金利が低くなるというメリットが挙げられます。

みずほ銀行カードローン審査Q&A

みずほ銀行カードローン審査Q&A

さて、みずほ銀行カードローンの審査についてはひと通り理解できたのではないでしょうか。

下記では、よく検索されている質問をまとめていますので、まだ疑問や不安な点がある方は参考にしてみてください。

カード到着待ち状態だけど、どうにかキャッシングする方法はない?

残念ながら、ローンカードがないと利用できません!
カードが到着したらすぐに利用できますので、郵便不着などで受け取れないことがないよう注意しましょう。

みずほダイレクトに入っていれば、審査なしでカードローン利用できる?

みずほダイレクトを利用していれば、原則として限度額200万円以下は書類提出が不要で申し込めるというだけです。
よって、当然審査はあります!

育児休暇中でも、みずほ銀行カードローン審査は通る?

残念ながら、審査に落ちる確率が高いです!
産休や育児休暇などの休職状態だと、返済能力がないと判断されるためです。

みずほ銀行カードローン審査まとめ

最後に、みずほ銀行カードローン審査ポイントを整理しておきましょう。

  • みずほ銀行の口座をメインで利用していると審査に有利になる
  • 口座を持っていない方は申し込みと同時に口座の開設も行なう
  • 土日祝は審査に対応していないため翌営業日になる点に注意する
  • 在籍確認は保証会社であるオリコから職場へ電話がかかってくる
  • 在籍確認が取れないと審査に落ちる可能性が高いので注意する
  • 審査に通るか不安な方は希望借入額を少なめに設定しておく
銀行カードローンは消費者金融に比べて審査は厳しめですが、やはり低金利なのは魅力的ですよね。

みずほ銀行の口座を持っているなら、WEB完結申し込みがおすすめです!審査通過後は、みずほ銀行のキャッシュカードもそのまま利用できるから便利ですよ。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要